無職、扇風機を買う。

投稿日:

自分の財布で扇風機を買ったことがない。筈。一人暮らしをはじめた大学生以降、扇風機を使っていないという訳ではなく、むしろ、ガンガン使っていた。「強」で回っている羽根に指をそっと当てた感触とヴヴヴヴヴと鈍く鳴る音に欲情したりしていた。中心にオナホを付ける、というのはやっていない。そんなのはユーチューバーがやることだし、それを望むならオモコロでも読んでろ。そして、そこまで活用していながらも、扇風機というものに金を払う気持ちになれなかった。行動経済学的にみて、昭和50年代生まれの男性の思考能力はハムスター程度、とヘンテコノミクスに書いてあり、それゆえ涼を得るのに扇風機を優先しがちだが、ウォークマン、PC-8801、P-modelとともに1979年に生まれた私はエアコンを使う。1979年生まれは特別。電気の子なのでエアコンを愛す。結婚したい家電製品にウォシュレットを挙げる人は多いと聞きますが、どう考えてもエアコン。肛門周りを刺激される快感に魅了され中毒化している人達の気持ちはわからないでもない。気持ちいいものな。しかし、潔癖症でありながらウォシュレットを拒否する人達とは、とここまで書いたがで辞める。政争はしたくないし、無駄な人死にも見たくない。とにかく、エアコンに大枚を叩けるのだけど、その分、扇風機への愛着が薄い。扇風機は焼肉みたいなもので、元の素材をほぼそのまま御客に提供するだけであり、調理じゃねぇんだぜ。そんな店に星は挙げられないし、扇風機も元の空気をそのままほぼそのまま提供するだけ。それと比べて、エアコンはちゃんと調理してる。料理人の顔が見える。遠月十傑第四席ぐらいの顔をしていた。大体、扇風機というのは実家から盗んでくるものであり、金持ちの先輩からタダで貰えるものなのだ。そういう訳で、自分の財布で買ったことが無かったのでした。

売上数千億の大企業の気まぐれで雇われたのだけど、小市民の気まぐれで辞めてしまい、目下無職となり果てた。大企業なんてほぼ貴族であり、そこで働く人々も貴族面。片手にお菓子、片手にマウスを握り「オホホ、リーチマイケルリーチマイケル、オホホ」と私がさっぱりわからぬ羅惧美偉の話をしよるのです。オタクから搾取して生き延びている企業なのだから、せめてオタク殺しの顔をすべきでは?!と憤る私に奴等は「あらまぁ吉川さんこれでも食べて落ち着きあそばせ」と高級なラングドシャをくれましたので、泣きながら頬張りました。おいしかったです。反体制を気取る私は、そんなやつらのノブレスオブリージュに甘んずることが出来ず、発作的に退職。そもそも、私は反体制側の人間ではなく、権力者の庇護のもと、万人の弟として生きることを是としていました。2000年代のテキストサイトブームはそれで乗り切った。しかし、40歳になり。朝、鏡に映るのは弟の自分ではなく、顔にシミのある、頬が若干垂れ始めたアニメオタクの成れの果て。「ハルヒダンス」や「ジョジョ立ち」という言葉に嫌悪感しか持てなかった青年期の時点で、もうアニメオタクでさえなかったのだけど、見ない振りをして30代を駆け抜けた。しかし、この鏡に映る自分はどうだろう。こんなの弟ではない。ただの豚だ。変わらねばならない!太った豚より、痩せたソクラテスたれ! そう叫びながら鏡を割ろうと背筋を伸ばした瞬間、腰に激痛が走り卒倒。医者よりヘルニアと診断され、「ちょっと定期出社厳しいっす……」と会社に報告し、休職からのナァナァ退職コンボを決めるに至ったのでした。そんな反体制活動家への転身とその価値観の変化が「扇風機を買っても良いかも?」と私に思わせた事は、誰にも、30代までの私にも責めることは出来ない。などと長々と書き連ねましたが結局「老い」の一言にまとめられる。クーラーの冷気は時期的にまだちょっと寒いかも?という老いを受け入れるのに、これだけ言い訳を考えねばいけない。そんな老い。とは言えども、この国は米国相手に売春したので春が無くなり、冬の次が初夏になる国になってしまったため(反体制発言に成功)、晴れの昼間は少し暑い。そういう訳で、疫病が流行する平日の昼間、トレカと一個しか押されてないスタンプカードだけでパンパンに膨らんだ財布をぶら下げながら、近所のヤマダ電機へとプラプラ足を運んだのでした。

「田舎のヤマダ電機には人がいない。いわんやコロナ下ではなおさらで、そもそも、良識ある大人はヤマダ電機で物を買わない。ヨドバシとかコジマに行く。なので、無駄に広いフロアに私と店員爺数名がいるだけだった。接客などされるわけもなく、消毒液使い放題。20プッシュぐらいしてビショビショになった手で、身の丈に合った扇風機を探す。反体制パンクス、つまり無職の私には、まず5000円以上の扇風機は似合わないし、買いたくもない。たとえ老いて性格が変わったとしても、風を送るだけの木偶の坊に5野口=1樋口はバカバカしい。そんなのロックじゃない。ましてや、税込みで40000円に届くダイソンの扇風機など、発狂した成金がおしっこ漏らしながら狂人の笑顔で購入する物で、プロレタリアたる私には全く理解できませんでした。少なくとも、故郷のホルガ村で使っている人はいなかった。あと、マイナスイオン発生装置付も除外。僕は疑似科学にはうるさいんだ。」と一息で呟きながら物色を進めていると、4980円の手ごろな物を発見。去年までなら、4980円あればブックオフで半月過ごせる、と見送っていましたが、40歳の私には年相応。やぁ、とびっこのリモコンにそっくりなリモコンも付いているじゃないか。これで、扇風機をコンビニに行かせ、レジの時にいきなり「強」にしたり、リズムにしたりで遊べるではないか。頬を紅潮させ膝をガクガク震わせる扇風機に、コンビニ店員も心配になって「大丈夫ですか?」と声かけする瞬間、私は「首振り」ボタンを押すのです。愉悦。店長、こいつを包んでくれ!と指を鳴らそうとするも、スナップに失敗し、スフッという間抜けな音が私だけに聞こえました。当然そんな演劇じみた事はしておらず、普通にスイッチを入れて回転音を聞こうとしたのですが、びくとも動かず。なんぞ、と思い他の扇風機のスイッチも押してみるも、そちらも動かず。ははぁ、これはアレだ、スイッチを入れたときに狂人が扇風機の後ろで口を開けて「オロロロロロロロロロロ」とか言っていたら、その扇風機の風でなんか良くないやつが舞ってしまうからだな。ならばしょうがない。時期柄しかたない。なので、風試しを行わないままの購入を決意して、すみませーん、と店員を呼ぶも、何の反応もない。どうしたものかと、遠くにあるレジの方を見ると、店員爺達が集まっている。聞こえなかったのかな、と思いもう一度店員を呼ぼうとしたとき、爺達が私を指さして「オロロロロロロロロロロ」と言っているのに気付いてしまったのです。

そうやって、無職の私は、遂に扇風機を買ったのでした。扇風機を抱えながらの帰り道、「買ってしまった! 扇風機を! 買ってしまったんだ!」とアワアワしながら歩いていました。そして、家につき、組み立て、コンセントに繋げたところで、どうすればいいか分からなくなってしまいました。このまま、電源を入れてしまって、羽根が回ってしまっていいのか。回ってしまったら、今までの私を殺してしまうことにはならないか? 回ってしまう前と後で世界は決定的に変わってしまう。そんな葛藤など知らない恋人は、私がヤマダ電機に行く前からずっと別途寝てる。なんだか少し寝苦しそう。そうか、私は変わってなかった。色々言い訳を付けたけど、別にクーラーで構わなかったし、反体制でもパンクスでもなかった。冷え性の恋人が暑くて寝苦しそうだから、扇風機を買おうと思ったのだった。40だからね、それくらいの理由でパッと買えるんだ。この扇風機が回ることで、世界と私が変わってしまったとしても、そんなこと大したことじゃない。私たちは大丈夫だ。そう呟きながら、扇風機の電源を入れました。

ヴヴヴと安物の音を挙げながら回る扇風機。昔を思い出して、カバーを外して指をあててみるけど、欲情は起きない。やっぱり、世界と私は変わってしまった。でもきっと大丈夫。

テキストと相互リンクだけの関係

投稿日:

これから書くのは私の性癖の話なのですが、そんなことより最近のアニメの話をしませんか? このように、すぐ挫折する。とりあえず、異世界かるてっとに出てくるのは、一通り観た。「何が好きかより、何が嫌いかで自分を語れよ!」とルフィが言っていたのでそれに従うのですが、リゼロは嫌いだな! 理由はレムのコスプレが似合わない人類はいないから。あれ、80歳の爺がやってもそれなりに見れる仕上がりになるじゃろ。オーバーロードは水戸黄門。幼女戦記の主人公は神に反抗するのに上官の言う事はちゃんと聞くのなんで? このすばはダクネスが好き。レイアースでいうと風だから。本当にそうかな? こんな文章を書いている傍では、アベマTVでメイドインアビスの最終話がやっていて、今ちょうどミーティが上昇負荷で。私もチームリーダー的なポジションになった時、上昇負荷でヘルニアが悪化して朝寝床から起きれなくなり会社を辞めたのでした。それ以来、自宅に引きこもりWEB制作の請負をしているのですが、作業のおともにネトフリとかでまだ見てなかったアニメを流すと、そっちに興味がむいて仕事が進まなくなって、じっくり観てしまう。観てしまうと、アニコス系同人AV業界の動向が気になって、DL.Getchuを見てしまう。そっから先を語るのは野暮というもので、そういう訳でアベマTVで過去アニメを見続けた結果「通信節約モードってご存じですか?」のCMの物真似を完全にマスターしました。それを披露したいために忘新年会に参加したかったのですが、ついぞ誰からのお誘いも無かった。しょうがないので飼い犬相手に披露したら、何と勘違いしたのかその場でぐるぐる回転し始め、飼い猫に披露したら、凄い速度で逃げ出して爪をバリバリ研ぎ始めた。度し難い。

アニメの話はもう十分だ。そういうのはツイッターでしたらいい。ツイッターで面白おかしく「○○は実質マッドマックス」とか書いて5000万RTされて、そのRTで発生した熱でタービンを回して沸かしたお風呂に入りたい。お猿と一緒に入りたい。世界タービンってそういう事でしょう? 大体、私だってツイッターでバズって有名になりたかったのですが、最近の動向を見てるとツイッターでバズってもいいことが何もなさそうどころか、滅茶苦茶怒られそう。誰も傷つけない笑いというものをやらないと棒で叩かれますし、そういうのをやりたいと思ったこともないし、できるならば浜辺美波だけ傷つけない笑いをやりたい。浜辺美波じゃない人全員を傷つける笑いをやりたい。できないのでどうでもいいのですが、最近はタイムラインを見てても、誰も気取ったことを書かないので、読む気が無くなっているのです。そんな中、一人で気取っても楽しくないので書く事も無く。というか、1個ツイートするのに長時間ああでもないこうでもないとこねくり回して、でも140字超えた駄目だ死のうと銃口咥えて引き金弾く遊びだと思ってたのに、そうやってウダウダしているうちにツイッターのルールが変わったのです。そしたら、自分が老害ということが分かった。私がインターネットを始めてしばらくは、皆さんテキストサイトでなんか気取ったことを書いてたのです。それが好きだったのです。ツイッターを始めたばかりのころは、皆さん結構気取ってくれていて、それだけでエレクトしていたのですが、最近のタイムラインは出会って4秒で合体しておられる人が多い。あのシリーズ、嫌いなんです。それに比べてブログは良いです。まだ気取っている人が多い。140字で気取るのは難しいということなのでしょうか。私にゃ無理だ。無理だし、今のあれに私の感情を預けたくない。今信頼できるのは、ブログと本堂町小春、この二つしかない。そもそもバビロンを観てしまったのがいけなかった。正解するカドで痛い目にあったのに。野崎まどとツイッターだけは信用しちゃいけねぇ。

気取り損ねた。気取り損ねましたが、私はいいんです。例外。この前、恋人の推しのアイドルのチェキ販売に代理で並んだら、目の前で枯れたんです。私の前の人で、自分が推してるわけではないアイドルのチェキが目の前で枯れた、それだけで人は銃を撃てる。そんな事実に気づいたんです。なので例外。でも、あなたは気取って。あなた方は気取って。気取って私を喜ばせて。ブログやサイトが良いけど、しょうがないからツイッターで良いから。ツイッターガンガンやって、早く飽きてね。テキストと相互リンクだけの関係でいよう。いようね。

アラケモ。が大阪に行く理由

投稿日:

この度、3年近く勤務した会社を退職いたしました。理由はセクハラです。被害者は私で加害者も私なんですけど、会社のトイレで洗面所の鏡に向かって「おいこのブスは誰だ?! この鏡に映っている豚はいったい誰だ?」と自分のケツを揉みし抱きながら問いかけ続けたらメンタルをやられてしまって、あんな卑猥な社員のいる会社、怖くて行けなくなってしまいました。労災は出ないとの事。ちぇー。そもそも、旅行予約業でツアーパッケージを売ってるのに、旅行でツアーパックを使うユーザーの気が知れないという時点でむいとらんかった。「冬の全裸富士登山ツアー」「不発弾処理体験バスツアー」とか作って遊べると思ったら大間違い。漫画大好きな同僚がいないのもマズかった。みんな、稲盛和夫とかビジョナリーカンパニーとか好きな。「アンドリュー・カーネギー×ナポレオン・ヒルって固定だよね」「スティーブンコビーって本の内容的にも体格的にも総攻め。本田健は総受け。神田昌典は誘い受け」「デールカーネギー、行為中に『腰を動かす』とか『穴は開ける』とか言いそう!」とか話しても、そんな前世代の自己啓発系ネタには食いついてくれず、みんな「GRIT」とか「鬼速PDCA」とか「エッセンシャル思考」とか! もっと古典とかマンガ読もう?! みんなと「我らコンタクティ」とか「春と盆暗」とかについて話したかったです。あと、社員全員でのキックオフミーティングとかで、社内のマイコン得意な奴がiMovieとかで作ったMVP社員や目標達成事業部の表彰動画のBGMが必ずゆずの「栄光の架橋」なので、この曲を聴くと眼球が横に裂けて酷く痛くなるようになった。

与太はさておき、なぜ会社を辞めたのか? それは、私が東京に出てきた理由とほぼ同じといえます。馬鹿が上京する理由の80%は、音楽で売れてビッグになるためと言われます。私もそろそろ音楽でビッグになって、地元沖縄に新幹線をひきたい。お金をためてベコ買ってセックスして牛人間を作りたい。その夢だけを胸に、東京支社への異動を願い出、仮面社員として昼間はHTMLを書きつつ15分に1回ははてブのトップを開く作業で音楽活動を行うための資金を貯めました。そして、遂にその時期が訪れたのです。2018/5/26、アラケモ大阪。これが決まった日、私は会社に退職届を出しました。大阪でDJをするんです! 働いている暇などあるわけない! このイベントに社会人のまま参加するDJは全員モグリだ!と主催の方が言っている気がしたんです! そういう夢を見てうなされました。起きたら全身汗びっしょりだったのでシャワーを浴びようとしたら、汗じゃなくて全部鼻血でした。そうして、私はプロのアラケモ。DJとして生きることを決意し、無職となったのです。ただ、アラケモに出る事がキッカケなら、どのアラケモでもよかったはずです。なぜ、アラケモ大阪なのか? アラケモ。大阪の日付とアラケモ。のイベントとしての目標にその秘密に隠されていました。このあと、ワンピースを基に「カニの像の前でカニポーズをとるアラケモ。主宰の腕に「3D5/26」と書かれていた」という話を二日かけて書いたのですが、どうでもよかったので消しました。とにかく、大体そんな感じの理由で、ポリコレガン無視でオカマ拳法をマスターしたDJ達が集う奇祭が開かれる旨を、どうにかして皆様に伝えたかったのです。

『 アラケモ大阪 -COME ALONG meets ARAKEMO。-』
2018.5.26(Sat)22:00 at.お茶漬けバー オオノ屋 ≪google map≫

Guest: アキオクマガイ BUBBLE-B
ARAKEMO。: yoruno takaSH’IT TAI=chan O-TO DJフクタケ nacchi
COME ALONG: COOLG NZA DJ TKS onionboy
VJ: 枚方BAM

イベント詳細を除いて全て嘘しか書いていないこの文章ですが、このイベントのために仕事を辞めた、という事は本当です。嘘です。でも本当だったらいいな!そんな気持ちを込めて、今週末大阪へ向かいます。大阪で死んだ人間全員生き返ってイベントに来たら良いなー。